Plan Bのおすすめ Technical Blog

お問い合わせ

はじめようSoftLayer 第2回 チケット管理システム

投稿者:ソリューション担当

1 はじめに

SoftLayerの特徴の一つに仕様質問、障害支援、請求などに関しての問い合わせが「無料」で受けることが出来ます。

問い合わせは、「オンライン・チャット」または「サポート・チケット」の2つの手段で行うことが出来ます。

  • オンライン・チャット: 質問を行った人間のみが履歴を確認することが可能です。
  • サポート・チケット: マスタユーザにひもづくすべてのユーザの問い合わせ履歴を残すことが可能です。

普段、弊社ではサポート・チケットでの問い合わせを行い、補足としてオンライン・チャットを利用しています。
ここではサポート・チケットの管理方法について説明します。

  • (注)アメリカにあるSoftLayerのサポート担当者と質問、依頼をやり取りすることになるため、書き込む時間によっては対応が遅くなるケースもあります。

2 チケットの新規作成

チケットの新規作成を行います。手順を以下に示します。

2.1 ポータルサイトからSupportタブのADD Ticketメニューを選択します。

Blog02_0160

2.2 subjectをプルダウンから選択します。(要望/質問/問題を設定します。)

Blog02_0170

なお、選択する件名がプルダウンに存在しない場合 Other Administrativeを選択します。(今回はOther Administrativeを選択します。)

Blog02_0180

2.3 プルダウンから設定値を入力します。

Blog02_0190

必須 名称 説明
Assign To 対象のユーザ名が設定されます(デフォルトではログインユーザが選択されます)
Tittle 件名を設定します。
Email Others このチケットのやり取りの際にメールを送信する先を設定します。(注)(最大で5件まで追加することが可能です。)
  • (注)なお、Assign Toで指定するユーザに紐づくメールアドレスは自動的に送信対象となっているため、指定する必要はございません。

2.4 Associate Devicesのプルダウンから選択し、質問対象のサーバを選択します。質問対象のサーバが存在しない場合選択は不要です。

Blog02_0200

  • (注)障害等対応依頼や質問の場合必ず障害、ないしは質問したい事象が発生しているサーバ、ユーザ名を選択してください。(SoftLayer社はここで選択されたサーバ、ユーザ名から事象の確認を行います。そのため、サーバ、ユーザ名と事象が紐付かない場合、解答してもらうことができません。)

2.5 質問の本文を記載し、ADD Ticketボタンをクリックします。

Blog02_0210

2.6 SupportタブのTicketをクリックすると表示されます。

チケットの履歴一覧に先ほど追加したチケットが追加されます。

Blog02_0220

2.7 Attach Filesボタンによりファイルの添付が可能です。

Blog02_0230

  • (注) 質問者がチケットを対応したサポート担当者に対して評価、レーティングできます。Softlayerサービス向上のためにも設定することを推奨します。

3 チケットの履歴、更新

過去に記載したチケットの履歴の確認や、チケットの内容についてSoftLayerのサポート担当者の方でやり取りすることが可能です。以下にその方法について記載致します。

3.1 SupportタブのTicketメニューを選択します。

Blog02_0240

3.2 確認したいチケットをクリックします。

Blog02_0250

3.3 チケット履歴を確認する事が出来ます。

ここで、画面赤枠の最新の履歴のテキスト入力欄を選択します。

Blog02_0260

3.4 テキスト入力欄に質問事項を記載し、updateボタンをクリックすることで、質問に対し、メッセージを更新することができます。

Blog02_0270

  • (注) 質問をクローズする際、原則として質問者側がクローズします。なお、5日間更新がない場合サポート担当者からクローズする旨の連絡が来るため、延長したい場合質問者側で延長する旨を連絡します。

これらのサポート・チケットは非常に便利なので是非利用をしてみてください。


Bluemixの環境構築、運用、ご利用契約のことなら
日本情報通信にお任せください。

Bluemixについての
お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る