Plan Bのおすすめ Technical Blog

お問い合わせ

SoftLayerでLinux Kernel 3.x系へのAPFオプション選択における諸注意

投稿者:ソリューション担当

Sotfware Firewall(APF)を選択したLinux系のCCIを構築するときにkernel version 3.x系のOSを選択する場合は注意が必要です。
3.x系でプロビジョニングされるOSは次のものがあります。

  • CentOS 7.x
  • Debian 7.x
  • Ubuntu 12.04以降

現在、SoftLayerがプロビジョニング時に提供してくれるAPFのバージョンは9.7-1となります。このバージョンのAPFは、Kernel version 3.x系で実行すると強制終了します。

本事象についてSoftLayerサポートから提示される推奨対策は、APFオプションを選択しないで、必要であればR-fx Networksから最新版を入手してインストールすることとなります。

  • 最新のAPFを導入する

最新のAPFを導入する方法を下記に紹介します。

本手順はパブリックネットワークを経由して直接インターネットへ接続可能な環境を前提とします。
インストールの実行にはroot権限が必要になります。
また、インストールスクリプトは、そのインストールパス上のファイルを強制的置き換えてしまうため、残しておきたいファイルがあれば、個別にバックアップください。
  1. SSLVPN経由でCCIへSSHで接続する
  2. rootユーザでログインする
  3. APFが起動している場合は停止する
  4. R-fx Networksに公開されているインストーラをダウンロードする
  5. tarアーカイブを解凍する
  6. 解凍後のディレクトリ内に移動する
  7. インストールスクリプト(install.sh)を実行する
  8. APFを起動する
(CentOS 7.x系での実行例)
# wget http://www.rfxn.com/downloads/apf-current.tar.gz
# tar -zxvf apf-current.tar.gz
# cd apf-9.7-2
# ./install.sh
# service afp start

Bluemixの環境構築、運用、ご利用契約のことなら
日本情報通信にお任せください。

Bluemixについての
お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る