Technical Blogテクニカルブログ

  1. HOME
  2. テクニカルブログ
  3. 【クラウド事業本部】製品・サービス改定情報のご案内(2024/01)

【クラウド事業本部】製品・サービス改定情報のご案内(2024/01)

投稿者:クラウド事業本部カスタマーサクセス

クラウド事業本部カスタマーサクセス担当です。

平素より、IBM製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度は、お客様がご利用中の一部IBM Power Systems製品に関しまして、すでに発表済みのものではございますが、改めて2024年に予定されているエンド・オブ・サポート(EOS)※1のご案内を差し上げます。

まず、2024年3月31日をもってEOSを迎える予定の製品がございます。これにはPower Systems S822L、S824L、S822、S824、S822LC(GTA)、およびS812LCが含まれます。これらの製品に関連してご提案させていただく代替オプションはPower System S1022s, Power System L1022,Power System S1024, およびPower System S1014です。

また、2024年5月31日にはPower Systems S812L、S814、およびS822LC(GCA)がEOSを迎えます。これらの機種の代替として推奨されるオプションとしてPower System S1022sやPower System S1014がございます。
さらに、同年の10月31日にはPower Systems S821LC、S822LC for Big Data、S822LC for HPC、E850C、E880C、E870C、E880、およびE870がEOSとなる予定です。これらの製品の後継としては、Power Systems E1080, Power System E1050, およびPower System S1024などが推奨されます。

お客様のビジネス継続にとって重要なサポートを提供し続けるために、EOSが近づいている製品のアップグレードや、適切な代替製品への切り替えをご検討いただくことを強くお勧めいたします。

この変更に伴いご不便をお掛けする可能性があることを心よりお詫び申し上げますと共に、私たちはお客様のビジネス要件に適応した高品質なソリューションを提供するべく、全力でサポートさせていただきます。ご不明点や懸念がございましたら、下記アドレスにe-mailにてご連絡ください。
e-mail:ncp_contact@niandc.co.jp

◆対象機種抜粋
詳しくは、下記リンクを参照ください。

参照 IBM HP:https://www.ibm.com/docs/en/77872/77872.html

※1 エンド・オブ・サポート(EOS)
サポート終了日を確認する方法 – IBM ハードウェア製品

−− サポート終了日(End of Support : EOS)を過ぎてしまうと
EOSになった場合、ハードウェア(以下HW)の機器本体および、本体に付帯するHW機器の部品の供給が困難となり、故障した部品の交換などのサポートを提供することができません。また、HW製品に搭載されているソフトウェア(以下SW)については、不具合修正および機能追加により、新しいバージョンがリリースされることがありますが、古くなったコードは過去のものからEOSとなり、コードの修正は行われなくなります。

詳しくはこちらのIBMソリューション ブログをご覧ください。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/techsup-hw-eos-date/

ページのトップへ