投稿者:吉田

NI+C マーケソリューションチームです:)
本Tech Blogでは、NI+Cで取り扱っているTreasure Data CDPを紹介していきます。

前回まで、Treasure Data の Audience Studio の機能についてご紹介させていただきました。
今回は、Treasure Data のテーブルにデータをインポートする方法をご紹介していきます!!

これまでのブログををご覧になっていない方は
Treasure Data CDP <第1弾>Audience Studio の機能でセグメント作成してみた!!
Treasure Data CDP <第2弾>Audience Studio の機能 Activation を使ってみた!
Treasure Data CDP<第3弾>Audience Studio の機能 Predictive Scoring のご紹介
を是非ご覧下さい!

~Treasure Data CDP についてのおさらい~

第1弾でご紹介をしましたが、

Treasure Data CDP はトレジャーデータ社が提供するカスタマーデータプラットフォーム(CDP)です。

データの収集、統合、分析、施策への連携の機能があり、これらを柔軟に実行ができる強みを持っています。
ただデータを管理するのではなく、170を超える連携コネクタを使い多種多様なデータを収集することや、ワークフローを使いデータ処理の自動化、
セグメンテーションを用いて顧客1人ひとりに最適な施策を実行できることが可能となっています。

主にTreasure Data CDP で実現できることは

データ整理と一元管理」 「データの見える化」 「デジタル戦術」....

など、その他にも様々な分析や活用の仕方があります。


今回はTreasure Data CDPの中で、分析やセグメント化をしたいデータのインポート方法についてをご紹介したいと思います。

※Treasure Data CDP の特徴について詳しく知りたい、という方は下記のトレジャーデータ社のHPをご覧ください。
https://www.treasuredata.co.jp/press_release_jp/20181003_arm_treasure_data_audience_suite/」 

~データのインポート~

Treasure Data では、テーブルや分析で使いたいデータを簡単にインポートすることができます!

また、インポートしたデータはすぐに分析やセグメント作成に活用することができます。

インポートできるファイルはExcelやサクラエディタなど、データが格納できるファイルであればインポートすることが可能です。

今回のデータのインポートもGUIで設定ができるため、非エンジニアの方でも簡単に操作ができる仕様となっています。

それでは実際に Treasure Data にデータをインポートしていきましょう!

無題7.png

今回は、「氏名・性別・住所・電話番号・生年月日」が入っている1000件のデータをインポートしていきます。
(データの詳細はモザイクを加工をしています)

コメント 2021-09-100 155437.png

「tech」と表記されている何もデータが入っていないデータベースをインポート先とします。

無題22[.png

まずは、インポートをする画面までいきましょう。

①:Integrations Hub をを選択(「Catalog」 で選択していますが、「Sources」「Authentications」から選択することも可能です)
②:「Upload File」を選択

コメント 2021-09-11 155437.png

アップロード画面に移ります。

③:インポートしたいファイルを赤枠の中にドラック&ドロップ
(真ん中のブラウザを選択してファイルを取り込むことも可能)

無題12.png

ファイルをドラック&ドロップすると上記の画面のように、プレビューされたデータが映し出されます。
ここからはインポートするために細かな設定を行っていきます!

無題13.png

④:「Advance Settings」を選択

無題14.png

無題15.png

「Advanced Settings」では、
読み込んだファイルの形式・タイムゾーン・改行コードなど
細かなファイルの設定ができます。

無題16.png

SCHEMA SETTINGS では、カラム名とデータタイプを設定します。
入っているデータに対して正しいデータタイプになっているかを確認します。

無題17.png

⑤:無事に設定が完了したら「Save」を選択

無題18.png

⑥:「Next」を選択

無題19.png

ここではインポート先のデータベースやテーブルの設定を行います。

⑦:インポート先のデータベースを選択
⑧:インポート先のテーブルを選択
⑨:「Always Replace」を選択(今回は全てのデータを入れ替えるため)
⑩:「time」 を選択(基本的に変える必要がないです)
⑪:タイムゾーンを選択(今回は指定がないのでそのままです)
⑫:アップロード先の設定が出来たら、「Start Upload」を選択

無題20.png

⑫を実行して上記の画面に移ります。

ジョブコードの隣の赤枠の箇所が「SUCCESS」となっていれば無事にインポートが完了です!!

データがしっかりとインポートされているか見てみましょう。

無題21.png

1000件のデータがしっかりとインポートされています!!

今回は何もデータが入っていないテーブルにデータをインポートしましたが、
データが入っているテーブルに対してもデータを追加でインポートすることも可能です!
使用する機会がありましたら、是非試してみてください。

長くなってしましましたが、データのインポート方法について少しでもイメージを持つことができたでしょうか?
ご興味を持たれた方はぜひ「こちら」からお問い合わせください!

※セグメント作成についてまだご覧になっていない方は、↓↓
Treasure Data CDP <第1弾>Audience Studio の機能でセグメント作成してみた!!

Activationについてまだご覧になっていない方は、↓↓
Treasure Data CDP <第2弾>Audience Studio の機能 Activation を使ってみた!

Predictive Scoring についてまだご覧になっていない方は、↓↓
Treasure Data CDP <第3弾>Predictive Scoring のご紹介

を是非ご覧下さい!!

今回は、Treasure Data のデータのインポート方法についてのご紹介でした。
では、次回もお待ちしております。
ありがとうございました!