投稿者:平井


NI+C マーケソリューションチームです:)
本Tech Blogでは、NI+Cで取り扱っているAcousticソリューションを紹介していきます。

第6弾では、Acoustic Campaign の配信機能である、Send Time Optimization(以下、STO)についてご紹介します。

STOとは??

メールを確認するタイミングは人によって様々です。

朝の通勤中やランチ後、夜寝る前に一通り流し見する方もいます。 仮に、そのタイミングの直後にメールを送信してしまうと、 その後もどんどん別のメールが届いてくるはずなので、次にメールを確認する頃には深く埋もれてしまいます。

しかし、STOを使うことで、いつもメールを確認する時間にあわせて自動的にメールを配信できるようになります。

これにより、読者によるメールの見逃しを最小限に抑え、メルマガの開封率アップに繋げていくことができます。
STO機能の設定方法についてご紹介します。
1.データベースのSTO機能を有効化

STO機能を利用した自動配信ができるように、前準備する必要がございます。

(1)「データ」>「データベース」から、有効化にするデータベースを選択します。

ブログ_05.png

(2)「フィールドの追加」から「送信時間」タイプを選択し、フィールドをデータベースに追加します。

(3)「設定」を押下し、「送信時刻最適化を有効にする」にチェックを入れて完了です。

ブログ_07.png
2.STOスコアの算出

最もメール開封する曜日や時間帯の情報は、読者ごとにデータベースに蓄積されています。

蓄積された情報から、STOスコア(0〜168)が自動的に算出されます。

例えば、STOスコア【27】が算出されている読者は、日曜日の昼1時に開封する傾向にあります。

また、開封情報が蓄積されていない読者にはSTOスコア【0】が算出されます。

ブログ_02.png
3.STOスコアに応じて配信

1.「メール」>「Eメール・キャンペーン」からメールのコンテンツを選択します。

ブログ_06.png

2.コンテンツの準備が完了したら、右上のレビューして送信をクリックします。

ブログ_04.png
2.設定の追加>配信オプションから配信最適化の送信時間最適化(STO)を選択します。

24時間:24時間以内にSTOスコアに応じた時間帯に自動送信します。

1週間:1週間以内にSTOスコアに応じた曜日・時間帯に自動送信します。

ブログ_03.png

以上、簡単ではありますが、Acoustic Campaignの機能の1つである「STO」について説明させて頂きました。

MAツールについてご興味がございましたら、是非ともお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

・Acoustic Campaign

旧Silverpop。カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)をフル活用しデジタル・マーケティングをスマートに支えるSaaS型マーケティング・オートメーションツール。

事例もこちら▼

https://www.niandc.co.jp/sol/product/silverpop/

次回以降もお楽しみに!